56:私は最初は全然そういう考えはなかったんだよ

メールだけの時は
とっても真面目で
ある話題で物凄く盛り上がってしまって
ユーモアがある人なんだな~って思っていました。

実際に会うと、めちゃくちゃギャップがありましたけどね(笑)

彼と食事をしながらいろいろと話をして、
彼自身の話を聞いたり、自分の事を話したり

もっともっと話をしてみたいって思っていました。

彼は、最初の食事でもうお別れかと思っていたらしいのですが
意外な事に(笑)次の場所に誘うと私が断らなかったので

内心驚いていたみたいです。

ずいぶん経ってから彼が話してくれました。

その時は純粋に「この人とたくさん話したい」と思っていただけです。

最初の頃のブログにも書きましたが
その後車の中でハグをして
その時に首筋にキスをされた時に

彼を「男」として意識してしまった私がいました。

その時は私が彼を傷つけないように拒否をしたので
それだけで済んだのですが……

後日のデートで観光施設に行った後
車に乗った時の私に対する彼の行動を見て

この人はまさか……と思いました。

昼食後に立ち寄った公園の駐車場で初キスをしたわけですが
その時に

「ねぇ……あの時、車の中でキスしようとしたでしょ?」と
聞いてみたんです。

「うん。本当はあの時からキスしたかったんだ」と彼。

私を口説く前にキスしようとしていたんですよね~彼は。
(彼はキスが大好きだという事を最近知りました)

駐車場という事もあり人目があったので
私は咄嗟に身を引いたし
それ以上の事はありませんでした。

彼も何事もなかったかのような顔(すまし顔(笑))でしたし。

ここで再び彼を「男」として意識してしまったわけでして……。

彼が私に全然触らなければ
そういう事はなかったかもしれない。
でも男と女だから、いつかはそうなったのかもしれない。

最初は全然意識していなかったんですけどね~。

<スポンサードリンク>



 

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove