32:夢

夢を見ました。

 

私の実家へと彼を連れて行き
なぜか私が髪の毛を乾かしていた時に

 

夕方まで留守のはずだった両親が戻ってきて

 

彼と鉢合わせ!という夢でした。

 

両親とも驚いて、
彼も私も驚いて……

 

ですが、ちゃんと両親に彼の事を紹介していました。

 

その後、私は母に

 

「彼の事、なかなか言えなくてごめんなさい」と号泣していました。

 

父が私の小さい頃のアルバムを彼に見せていて

「止めて~~」と言っていたところで

目が覚めました。

 

いつか、彼の事を両親に紹介する時がくるのでしょうか?

 

子供達のほうが、先ですよね。

 

 

 

 

 

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove