166: 揺れ動く気持ち

お母さんの状況を知らせるメールがきてから
また彼からのメールはなくなりました。

 

いろいろと忙しいのは分かっています。
多分、まだいっぱいいっぱいなのでしょう。

 

短い文でもいいから、彼からのメールが欲しい
少しの時間でもいいから、声が聞きたい

 

でもね、本当は会いたいんだ

 

彼を待とうって、信じようって決めたのに
私からメールをしたくなる衝動に駆られる……。

 

こんなに自分が弱い人間だったなんて
改めて思い知らされる毎日です。

 

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove