157: 今、不安な気持ちでいっぱいで、どうしたらいいのか分からない

彼にずっと会えていません。
せめて声だけでも聞きたいと……

 

「今、電話をしてもいい?」

朝9時すぎに彼にメールを送りました。

 

いつもズボンのポケットに携帯を入れている彼、
すぐに気づいて、電話がかかってくるか……
もし無理ならメールの返信があるか……

 

どちらかと思っていたのですが

連絡がありません。

 

あれ?どうしたんだろう……と思いましたが
私も自分の用事などがあって、それらをやっていました。

 

ふと気づくと10時になっていました。
でも、携帯は鳴りません。

 

……出かけているのかな?と思いましたが

待ってみることにしました。

 

でも、いくら待っても電話がかかってくる事はありませんでした。

……最近メールの返信がとっても遅くなってきた。

……「(私が)寂しさを感じるなら別れよう」とかつて言った彼。

……先に旅立った人に対して(奥様かな?)
「生きるのは難しいけど、もう少し待ってて」と呟く事があると言った彼。

……死別者の恋愛は難しいって……こういう事なのかな。

……やっぱり私は「幸せ」を求めてはいけなかったのかな。

……夫を亡くしたのに、「幸せ」になりたいって思うのはダメだったのかな。

……ひとりぼっちで生きるしかないのかな。

……直接電話をしてみようかな?

……何か用事の最中だったら、彼に悪い。

……もう一度メールしてみる?

 

でも、「しつこい」って思われたらどうしよう……。

それに、またメールの返信がなかったら……ツラすぎる。

———————————————————
少し身体の調子が悪かったから……かもしれません。

多分、こんなに不安になったきっかけは……

あるブログを読んだからです。

 

そのブログは、お相手の方との逢瀬を赤裸々に綴っていました。

どうしてこの人たちは、こんなに簡単にお相手に会えるんだろう……。

 

私は……彼と連絡があまり取れない。ほとんど会えない。声も聴けない……。

お互い独身同士で後ろ暗い付き合いをしているワケじゃないのに……。

……八つ当たりです。

 

読まなければいいのに……。

———————————————————

しばらく逡巡した後、
もう一度「電話してもいい?」と彼にメールを送りました。

 

ですが、やはり返信がありません。

……もう、ダメなのかな~……

とりあえず、外出しました。

 

信号待ちで携帯を確認すると、彼からメールの返信がきていました。

「ゴメンね。気づかなかった」と。

 

どうしてメールに気づかなかったの!それ、本当なの?と怒りが湧いてきましたが
同時に何かあったのかもしれない……って心配していた事に気づき

怒りよりも安堵の気持ちが強く
涙が出てきて、運転中だったのに泣いてしまいました。

 

好きな人に会いたい時に、会えない。
声が聞きたいのに、自由に電話もできない。

 

本当はとっても寂しいし、不安なんです。

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove