149: 遠い地への引っ越しは……ないのかな?

少し前に
「もしかすると遠い地へとお母さんと一緒に引っ越す可能性もないわけではない」と
彼に言われました。

 

なので、いつか「その日」がくるかもしれない……と思っていました。

 

その時、きっと彼は私に別れを告げるだろう……とも。

 

だから久しぶりに会えるから嬉しい!と思う反面、
いつも心のどこかで(「別れよう」って言われたらどうしよう……)と思っています。

 

彼が週のほとんどを実家で過ごすようになって
まだ2回しか会っていません。

 

そのどちらとも、私が不安に思っていた「別れよう」という言葉は
彼の口からは出ていません。

 

そのかわり「どこかに行きたいね」と言います。

 

もしかすると、まだ長距離を移動するのがムリだと思っていて
その話題に触れない可能性もあります。

 

そんな風に思っていた時

「この前、叔母さんと話し合ったんだけど
車を買い替えたら、母を叔母がいる所へ連れて行こうと思っているんだ。
僕は車で行くつもりだけど、母は飛行機で。
10日ぐらいあっちで過ごすつもりなんだ。僕は向こうでホテルに泊まるけどね。
あちこち観光して帰りもどこか温泉に寄ったり。
多分、最後の親孝行になると思う」

「この前行けなかったお墓参りはどうするの?」

「今年はお墓参りは行くのを止めて、今回はそっちへ行こうかなって」

「どっちに行くにしても遠いけど、叔母さんのところに車で行くと
車中泊になっちゃうでしょ?遠いけど車で行くの?」

「母の着替えなど荷物を持って行くから、車にしたんだ」

「でも、一人で運転なんでしょ?」

「大丈夫だよ。休み休み行くから」

 

1千キロ以上彼は一人で運転して行くつもりみたいです。

そっちのほうが心配なんだけど……。

 

彼はこの時も引っ越すかどうか言わなかったので
あえて私も彼に聞かずにいました。

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove