39:家に上がる?

彼に「住所、教えようか?」と言った時、

彼は「いや、いいよ」と言いました。

 

私も彼が住んでいる市ぐらいしか知りません。
もし、彼の住んでいる所を知っても
突然押しかける事はないでしょう。

 

ある日、
私の住んでいる市の
あるお店のスイーツを一緒に買いに行く事になりました。

 

ちょうど家の前を通ったので
「ここが今住んでいる所だよ」と言いましたが

 

彼は「ふ~ん」と言っただけ。

 

そういう反応か!と思ってしまいました。

 

お店に寄ってスイーツを買って
すぐに車の中で二人で食べました。

 

彼は「娘さんと一緒に後で食べて」とお土産も買ってくれました。

再び私の車を置いてある場所へと戻る時に

 

私「ねぇ、このスイーツを家に置いてきてもいい?」

彼「いいよ。車は家の近くに停めるよ。
娘さんの知り合いの誰かに見られたら困るでしょ?」

私「近所にはいないよ。大丈夫だから駐車場に停めて」

彼「わかった」

私「家に上がる?」

彼「いや、それは遠慮しておくよ。娘さんと一緒に住んでいる家に
僕が上がるわけにはいかない」

私「うん。わかった」

 

彼はいつも私が停めているエリアに車を停め
私は急いで家に戻って、少しだけ雑用を済ませました。

 

彼には私の家がどこにあるか、
これでバッチリと分かってしまいましたね。

 

彼が言うには

 

「年頃の女の子がいる家に、母親(私)の彼氏が上がるのは
万が一バレた時に大変な事になる。
娘さんと一緒に住んでいる以上、そういう事はしたくない。
一人暮らしだったら、どんどん上がっちゃうんだけどね~」

 

そういう考えだったんだね。
ちゃんと、考えていたんだ、と思いました。

<スポンサードリンク>




 

 

 

 

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove