25:「死」が身近にあった

詳しく書く事は控えますが
彼は親しい人たちを何人も亡くしました。

私も、同じようなものです。

少し前にそういう状況だった事を話した時、
彼は「お互いに死が身近にあったね」と言いました。

私よりも彼のほうが、辛かったと思います。

彼はたくさんの別れを経験してきたからなのか、
先の事をあまり深く考えていません。

「明日死んじゃうかもしれないでしょ?」と
最初の頃のメールにそう書いてありました。

その気持ちは今も持ち続けているみたいでした。

「来年、○○○に行こうよ」と言っても

「来年の話はしないよ」とサラリと言います。

彼は……後悔しないように『今この時』を生きているんですよね。
人の気持ち、考え、想いは……そう簡単には変わりません。
「彼の気持ちを変えてやる!」という気持ちは持っていません。

そこまで考えるほど、傲慢ではないです。

でも、少しでもいいから「私と一緒にいるこれから先の事」を考えてくれると
嬉しいですけどね。

彼も私も「未来を喪った」過去を持っています。
これから先どうなるかは分からないけど

そのあたりの事は、ゆっくりと焦らずにいこう、と思っています。

 

 

 

 

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove