188: LINE

毎晩ではありませんでしたが
Kさんとの電話はしていました。

 

深夜なのでどちらかが寝ている時も
ありました。
ショートメールで起きているか聞いてみて
必ず彼から電話をかけてきてくれました。

 

いろいろな話もします。
彼はいつも飲みながらなので
お酒が入っているせいか
やや下ネタな話題のときもあります。

 

奥さんと死別してから
誰かとお付き合いしたことがあるかどうか
聞いてみました。

答えは、ないとのことでした。

 

しかし現在週末に行動を共にする女性はいると、話してくれました。

その女性も死別経験者とのことでした。

 

詳しくは聞きませんでしたが
肉体関係もある、みたいな感じでした。
彼女と再婚することはないよ、と。

少し奇妙な関係みたいです。

 

 

Kさんは控え目にしているのかもしれませんが
私を抱いてみたい、と。

やっぱり、そうなんだ

その気になれば距離は関係ないよ、とKさん。

今はその気はないよ、と伝えておきました。
今は誰かと恋愛するのは面倒だと。

 

 

LINEのIDとキャリアメールのアドレスを教えてもらい
その日の夜からLINEで
時間が合えば電話になりました。

おはよう
行ってきます
仕事終わった
おやすみ

頻繁にLINEをやっています。

 

かなり不思議な関係です、私たち。
Kさんは私の顔を知っています。
私は知りません。
知ってほしければ
写真を送るでしょう。

彼の話もしました。
未だに誘ってくる既婚者の話もしました。

 

彼からはいつか連絡があると思うよ、とKさん。

 

既婚者の男性については
会う気がないならもうメールの
返事はしないほうがいいよ、と。
男ってズルいから
返事があると期待しちゃうんだよ。
今、とても危なっかしい。
とにかく会ってはダメだよ、と。
連絡は絶対にしちゃダメだよ、と。

大学では心理学を学んだそうです。
男性側の考えや意見を言ってくれます。
男性側からの視点、
私には分からないですからね。

 

[adchord]
All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove