104:私からのお願い……

「突然連絡を絶ったりしないで」と彼に言いました。

「……分かったよ。もしガンとかになったとしても
メールとかで連絡はするよ」

 

少し彼は黙りましたが、更に言いました。

 

「でも、そこまでだよ。そうなった場合連絡だけだから」

 

二人の間に透明な壁がストンと落ちてきたような気がしました。

彼は病気になった場合、私と二度と会わないかもしれない。

……

でも、彼のその考えも理解できます。

 

仮に自分がそうなった場合、きっと私も連絡だけはするでしょう。
そして……彼に会う事は……ないでしょう。

 

私も彼も伴侶の闘病生活を最期まで支えました。
そして、見送りました。

 

見守って、寄り添って……最期を見届けて……そして、送り出して……
あの辛さや切なさは経験した人でないと分からない。

 

現実に起きないことを願って……

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove