174: 彼とお別れをしました その後2

実は、彼とお別れしたのは少し前です。
順番に記事を更新していたので、時期がズレました。
————————————————————–
「悪意あるコメント」が届きました。

 

弱っていたココロに突き刺さるコメント。

 

普段の精神状態なら
「そんな事はない!」と言えるのに

 

……ダメでした。

何かが私の中で崩れました。

 

 

「もう何を信じたらいいのか 分からない

どこまでが真実で

どこからがウソだったのか」

 

 

闇の中に、どこまでもどこまでも落ちていく……
そういう感覚になりました。

そんな時、ある方からメッセージが届きました。

———————————————————————

何も知らない人の心無い意見に傷つかないでください。
彼とあなたの絆はあなた達にしか解りません。

彼はあなたを愛しています。

愛しているから、あなたの時間を自分を待つ事に
費やしてほしくないという思いから、決断された事だと思います。

 

あなたの事を考える余裕がないからではなく
あなたの事を考えて離れたようにしか見えません。

 

辛いから側にいてほしい方もいれば
辛いから一人になりたい。

相手の時間を自分の大変さに付き合わせたくない
迷惑をかけたくない方もいらっしゃいます。

 

想いあっていたのも事実で、
それはあなたと彼にしかわかりません。

今も彼があなたを想い決断したのも事実で、
彼のお気持ちはあなたが信じてあげないと
彼があまりにも不憫です

———————————————————————

彼と会えなくなってから
私はこの方にメールで悩みを打ち明け
この方は私たちの事を占ってくれました。

 

それからしばらくして彼と別れ
その事を綴ったブログを見て
私にメールを送ってくれました。

 

 

本来なら有料であろうことなのに……。

 

 

温かい文章に涙が止まりませんでした。

 

……どうして私は彼まで疑ってしまったんだろう。
私たちの事を知りもしない他人に、何が分かるの?
どうして振り回されなければならないの?

 

どうして、彼を信じてあげる事ができないの?

 

自分を見失っていました。

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove