57:激しいよ……

先日彼に会いました。

 

この日は休日でしたが、二人とも午前中は用事があり
その用事を済ませてからでしたので

会ったのは13時すぎでした。

 

そこからご飯を一緒に食べ、
更にスイーツを食べに行きました。

 

その後、私の車が止めてある駐車場に戻り
少しだけ時間があったので
いつもの通り、いろいろな話をしました。

ここで彼が近づいてきてキスをしたり
アレコレちょっかいを出してきたりするわけです。

人目が気になりますので軽くあしらっていたのですが

 

この日は結構強引にきました。
今までにないちょっと荒々しいキスをしてきたんです。
逃れられないように私の頭をがっちり押さえつけてきて……。

 

「ダメだよ。誰かが来ちゃう……」

唇を離して彼に耳元で囁くと

「そう言っているわりには、僕の首に手を回しているね(笑)」と彼。

 

こうなると私のほうがスイッチが入ってしまいます。
めちゃくちゃ、ドキドキしてしまいます。

 

自分自身を抑え込まなければならないのが、本当に辛いです。

 

帰る時間だからムリヤリ抑え込むけれど
そうじゃなかったら……暴走しちゃいます。

それぐらい、彼のキスは……情熱的でした。

 

悔しいから、
今回も彼を中途半端にムラムラさせて

途中で終わりにしちゃいましたけどね(笑)

<スポンサードリンク>



 

 

 

 

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove