10-1:キスをするのに、こんなに緊張するとは思っていなかった

観光施設を出た時はもうお昼近くでした。
少し西へ向かい、彼オススメのお店へ行き、ランチ。

子供の試合会場から随分と離れてしまったので
いつ連絡が来てもいいように、そちらへと向かう事にしました。

途中、公園へと寄る事に。

手をつないで遊歩道を歩いていたのですが
突然彼が向きを変え、「車に戻ろう」と。

そして、「キスがしたい」と言いました。

車の中で初キスをしたわけです。
私にとっても、彼にとっても久しぶりのキスでした。

ここで子供から連絡があり、試合会場へと向かう事になりました。

彼は
「張り合う気持ちはないんだけど、ご主人と比べないで欲しいな。」
と言いました。

比べるつもりはなかったけど、どこかで夫と彼を比べてしまったのかな?と思いました。

これから先も夫と彼を比べてしまう時があるかもしれない。
でも、極力それは表に出さないように……

夫は夫なんだよ……

彼は夫とは違う。

彼は、彼なんだから……と思いました。

その日の夜の彼からのメールには
「次に会う時はあなたを抱きたい」と書いてありました。

<スポンサードリンク>



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove