最初の結婚6~切迫早産で入院、そして出産~(1995年8~10月)

2週間ほど安静にしていたので不正出血は治まりました。

ですが、常に不安が付きまといました。

「本当にこれでいいの……?」と。

 

妊娠5ヶ月で結婚式を挙げ、新婚旅行は国内にしました。

そして、会社の社宅へ引っ越しをしました。

いろいろと無理をしてしまったのでしょうか……。

 

妊娠7ヶ月の時、子宮口が1cm開いていました。

切迫早産でした。

薬を処方してもらい2週間安静にしていましたが、入院したほうがいいと言われ急遽その里帰り先の病院を受診し、入院となりました。

 

張り止め用の薬を24時間輸液ポンプで送る点滴となりました。

大部屋での入院、この先の不安を抱えての入院はとても心細かったです。

実家の母は毎日来てくれました。

元夫も休日には来てくれましたが、あまり長居はしなかったと思います。

友達と遊びに行く元夫を羨ましいと思っていました。

 

入院は1ヶ月半でした。

夏に入院したのに、退院した時は秋でした。

 

そして、退院してから2週間後、夜中に破水しそのまま病院へ行き

明け方に息子を出産しました。

 

 

5時間弱での出産となりましたが

とても辛く、痛く、苦しくて

もう二度と体験したくない、と思いました。

 

 

 

 

 

 

最初の結婚5~元夫のこと~

元夫は……

些細な事でキレやすい人でした。

 

私に直接暴力を振るう事はありませんでしたが
(1回だけ飲み会で帰りが遅くなった私を叩いた事がありましたが……)

物に八つ当たりをする人でした。

冷蔵庫などいろいろな物に拳のあとがついていたぐらいです(苦笑)

普段は優しかったのですが……。

 

あとは、

元夫の中学からの友達で

暴力団事務所に出入りしている人が一人いました。

元夫はその友達をとても大事にしていて、
「アイツから呼び出されたら、そっちを優先するから」と言っていて、
まさしく、その通りでした。

夜中に呼び出されれば、出かけてしまう……

もうすぐ「父親」になるんだから、と言ってもムダでした。

そんな事から私は自分の将来に不安を抱いていました。

 

 

 

 

最初の結婚4(1995年2月頃)

まだ週数が早く、妊娠確定とは判断できず
翌週に再び受診する事になりました。

両親に報告するのは、その時にしよう。

アパートに戻って、まだ寝ていた元夫に「妊娠したかも……」と告げると
飛び起きて、喜んでくれました。

「産んでもいいの?」と聞くと

「もちろん、産んでほしい。結婚しよう」と言われたんです。

翌週、妊娠が確定しました。
受精したのは、1月の終わりでした。

二人で私の実家に行き、妊娠を報告し、結婚をする事を告げました。
両親は反対はしませんでした。

仕事をどうするか……と考え始めた時、

不正出血がありました。

受診の結果、「切迫早産」で、絶対安静と言われ

重労働だった仕事をするわけにはいかず、辞表を提出しました。

心の中は

本当にこれでいいのだろうか……と不安でいっぱいでした。

 

これからの事、

妊娠を継続してもいいのか、

 

不安だらけでした。

 

 

ある日の夕食 豚しゃぶは美味しい!

夏の我が家の定番料理のひとつです。

 

ササミの七味蒸しピーマンとナス添えの残りがあります(滝汗)

暑いので豚シャブにしてみました。

朝、納豆を食べていないので珍しく夕食に納豆です。

豚シャブの器になっているキュウリはピーラーで薄く切っています。

タレをお好みで。

ゴマダレが結構美味しい。

中性脂肪とは?3

では、改善方法は?

  • 1日3食を必ず食べる

決まった時間に食べる習慣をつけましょう。
これは基本中の基本です。特に朝ごはんは重要です。
食事をしっかり摂らないとエネルギー不足となり
活動も活発に行う事ができません。

食事の内容も大切です。栄養バランスを考えて
食べる必要があります。

  • 炭水化物を多めに摂る

体内がエネルギー不足に陥っている状態なので、
まずはすぐエネルギーになる炭水化物を積極的に摂ります。
ごはん、パン、麺類など、主食に多く含まれています。

炭水化物が分解されたブドウ糖は脳の栄養源となります。

脳に十分な栄養が行き渡れば、
神経機能が正常化し、ぼーっとしたり、
疲労感が抜けないといった状況が解決されます。

  • 炭水化物、たんぱく質、脂質をバランス良く摂る

炭水化物だけでなく、たんぱく質や脂質もきちんと摂るようにします。
糖質・脂質は肥満の敵ですが、これらを制限していまうと
エネルギーが満足に摂取できません。
糖質も脂質も体内に取り入れられる事によってエネルギーに
変換されるため、身体には欠かせない栄養素です。
多少これらを摂り過ぎても、消費カロリーが勝っていれば
あまり問題はありません。
ですが、消費すればいいからといくらでも糖質や脂質を摂取しても
大丈夫というわけでもありません。
程ほどが大切です。

  • 適度に運動をする

食事の内容を改善すれば中性脂肪は上がりますが、
やりすぎてしまうと今度は中性脂肪が上がり過ぎてしまい
肥満の原因となります。
健康の為に中性脂肪を増やしているのに
それで別の病気になってしまっては、本末転倒です。
中性脂肪を増やし過ぎない為に適度な運動をしましょう。
軽めのランニングやウォーキング、ジムでの筋トレでもいいでしょう。

中性脂肪とは?2

中性脂肪が高くなる原因

以下のような原因で高くなります。

•肉の脂身が好き
•アルコールの過剰摂取
•お腹がいっぱいになるまで食べる
•甘い飲み物をよく飲む
•おやつをよく食べる
•夕食の時間が決まっていない、
•お腹が出てきた
•野菜を1日に350g食べられない
•ファストフードやコンビニでおにぎり、
お弁当、ハンバーガー、菓子パンを買うことが多い
•日常的な外出以外で運動をする習慣が特にない
•外食が多い

食生活や運動習慣などの見直しが必要です。

中性脂肪が低い場合は?

中性脂肪は高すぎるは問題ですが
実は低すぎても、よくないのです。

脂質はエネルギー源となり生体膜や血液の成分を作る材料でもあります。
内臓の保護や体温を保つ役割もあります。

血液中に流れる脂肪「脂溶性ビタミン類」
(ビタミンA、ビタミンE、βカロチンなど)が少ないと

・免疫力の低下
・眼や口内粘膜の病気
・抜け毛、肌荒れなどの皮膚トラブル
・骨の成長阻害
・骨粗しょう症のリスクが上がる
・出血傾向になる
・動脈硬化

などの症状が現れる事があります。

女性の場合は、肌の調子が悪くなったり老けこんでしまう……可能性も高いのです。

中性脂肪が低い原因は?

  • 遺伝や体質

親も同じく中性脂肪が低い場合は、遺伝で低い体質を受け継いだと考えられます。
特に症状がないけれど低い場合はご両親に聞いてみましょう。

  • 過度な偏食や小食による栄養不足

食べ物の好き嫌いが激しい人は栄養が偏ってしまい栄養不足状態になっています。
また小食の人も備蓄にまわす脂質が食事から摂れないので、同じように中性脂肪が低くなります。

  • 過激なダイエット

単品ダイエット(○○ダイエットなど)や
極端に炭水化物をオフにするなど極端な方法で
痩せようとすると、栄養不足となり中性脂肪が低くなります。
栄養不足によって免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。

  • 過度な運動

激しすぎる運動はエネルギーを大量消費するため、
体内の中性脂肪も運動のエネルギーに使われてしまいます。
食事からの補給も運動に使われて備蓄にまわされる量が少なくなる為
中性脂肪が減少してしまいます。

  • 甲状腺の異常

中性脂肪が低いと甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、
その結果、新陳代謝が活発になります。
動悸、頻脈、疲労感などの症状があります。

  • 肝臓疾患

肝臓は摂取された脂肪を蓄積し脂肪酸を中性脂肪に変える働きがあります。
しかし、この機能が弱ると中性脂肪の値が低くなります。
肝機能の数値も悪く、中性脂肪の値も低い場合は
病院での検査をおススメします。

中性脂肪とは?1

中性脂肪とは

体内の脂肪の中で最も多く、大部分はエネルギ―源として肝臓で作られます。

別名「トリグリセリド(Triglyceride)」と呼ばれ、
健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。

主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、
体内の生命維持活動に利用されますが、
使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、
アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。

血液検査の目的

健康診断時に採血して計測されるのは、
食事から取り込まれた中性脂肪(外因性トリグリセリド)ではなく、
余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が
再び血液中に分泌された血中中性脂肪(内因性トリグリセリド)の値です。

健康診断の前日から当日にかけて食事制限をするのはこのためで、
絶食によって蓄えられた中性脂肪が血中に放出される際、
どれくらいの量が出てきているかをチェックするのが血液検査の目的なのです。

中性脂肪が高いと?

血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、
心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまいます。

中性脂肪が高くなると、
血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。

中性脂肪や悪玉コレステロールは、血管にへばり付いて、
血液の流れを阻害して動脈硬化を進行させます。

善玉コレステロールは、
血液中の悪玉コレステロールを肝臓に運び出して分解させる役割をもっています。
善玉コレステロールが減ってしまうと、
悪玉コレステロールがたくさん残って溜まってしまうのです。

悪玉コレステロールが溜まっていった結果、
動脈硬化が起こり、その結果、心筋梗塞や狭心症脳卒中といった
血管のつまりが原因の病気に罹る可能性が高くなります。

肝臓がんや肝硬変になる恐れも!

また、中性脂肪は肝臓で合成されますが、
中性脂肪が多くなると脂肪肝、
いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。

こうなると肝機能が低下し、
肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。

 

 

中性脂肪、下がり過ぎ!!

6月の健診の結果が届きました。

血液検査の結果ですが

このような感じになりました。

グラフ化するとこんな感じです。

HDLコレステロールとLDLコレステロール値は基準範囲内になりました。

中性脂肪値もぐっと減ったのですが、基準範囲外となり

「C判定」となってしまいました……。

 

肝機能 γ-GT値(IU/L)も24から14に下がっていました。

体重と腹囲です。

ぐっと減りました(^ー^)

来年の健診に向けて頑張ろう!

 

中性脂肪値を上げないと、いけませんね。

 

 

 

 

 

独占?

夕方は空いています。

メチャクチャ空いています。

数人しかトレーニングしていません。

 

なので、思う存分マシンでの筋トレができます(^-^)

 

16時半ぐらいになったら、トレーニングしているのは

私一人だけになりました。

 

独占してる~~!と思ってしまいました。

 

 

17時過ぎになると、仕事帰りの人たちが来ましたが。

 

 

のんびり筋トレやるなら、夕方が一番かな(^-^)

 

 

 

最初の結婚3(1995年2月頃)

1995年1月17日、阪神大震災が起きました。

私が住んいる県でも西部地方では揺れたみたいですが、
こちら(東部地方)ではほとんど揺れませんでした。

その日は夜に降った雪が積もっていて、
どうやって職場まで行こうか?と朝から大騒ぎでした。
(職場は山間部にあるので、雪が降るとスタッドレスタイヤを装着している車に
みんなで分乗して行っていました。大雪が降る予報だと、仕事が早く終わりました)

なのでテレビを観る事もなく、
被害状況を知ったのはお昼のテレビでした。

息子を授かった年でしたので、今でもよく覚えています。

 

 

 

 

多分、生理が遅れていたのでしょう。
あの頃は毎晩のように……でしたから。

避妊もしっかりとしていなかったし。

 

妊娠検査薬で事前に調べなかった……はずです。

そういう知識がなかったのでしょうか。

 

 

土曜日に受診した病院での尿検査で妊娠が分かりました。

 

「妊娠しています」とドクターに告げられた時

 

 

「……どうしよう……」と思ってしまったんです。

 

 

結婚していないから……
親に内緒で同棲してたから……

 

……違う……

 

 

 

 

この人(元夫)と結婚しても、

結婚生活がうまくいくとは思えなかったんです……