最初の結婚16~実家に戻る、離婚届け提出(1998年6月)

私は実家に息子を連れて戻りました。

母を激怒させた事もあり、実家には帰りづらかったのですが

それでも、温かく迎えてくれました。

 

 

今まで使っていた携帯も解約し、新たに別の携帯を契約しました。

元夫はキレると何をするか分からない人だったので

家に荷物を取りに戻る時は義兄に一緒に来てもらいました。

 

義兄は見た目がかなりコワいので……(笑)

 

その時、元夫は「養育費を払う」と言いましたが

一度も養育費が支払われた事がありませんでした。

 

息子の親権は私が持つ事になり、離婚しました。

 

離婚してから、元夫とは会っていません。

どこで何をしているのかも、分かりません。

どこかで生きているはずです。

もしも……の場合は息子に連絡がある、はずです。

 

息子も父親の事はほとんど覚えていません。

 

2015年、息子は20歳になりました。

調理師として一歩を踏み出しました。

元夫に似ていますね……

顔とか体格などが、そっくりです。

性格は息子は穏やかですね。

 

 

元夫に対する憎しみは、もうありません。

消えた……と思っています。

 

 

 

離婚してから2年後の2000年春、私は今の夫と出会いました。

2001年10月、私たちは再婚しました。

 

それから13年の結婚生活が始まりました。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

やった~~(^-^)

数ヶ月ぶりに実家に帰りました。

母に「お腹がぺったんこになってきたね」と言われました。

前は「アンタ、太ったんじゃないの?」とか
結構辛辣な言葉を言う母でしたが

今回は違いましたね~~(^-^)

嬉しかったです。

ですが、実家に行くとついつい食べ過ぎてしまうので注意しなければなりません。

頑張ろう!

最初の結婚15~助手席に乗っている女性は、誰?(1998年5月)

息子は言葉の遅れがありました。

 

生後すぐの脳内出血の為に定期的に病院で検査を受けていました。

言葉の遅れを指摘されました。

 

そこで、幼稚園入園1年前から市で主催している催しに参加する事にしました。

しかし、息子は集団行動が全くできず、部屋の隅で一人自由きままに

遊んでいました。

どうしてこの子はみんなと遊ぼうとしないんだろう……不安を抱いていました。

 

息子が10歳の時、軽い発達障害と診断されました。

「個性」と受け止められるレベルですが、耳からの情報には弱いです。

騒がしくて大勢人がいる場所だと、全ての人の声が「雑音」にしか

聞こえないらしく、そういう場所での人との会話が苦手だと言っていました。

(そんな時は少し場所を移動して、静かな所で話をしてみたら、とアドバイスはしましたが)

 

5月のG.W、私は学生時代の友達の家に息子と一緒に泊まり掛けで出かけました。

元夫は仕事でしたので一緒に行きませんでした。

息子が熱を出してしまったので、いつもよりも帰宅時間が早くなりました。

元夫は仕事で出かけていませんでしたが

部屋の中が異様にキレイでした。

すっきりと片づけられています。

 

……?

 

今までこういう事は一度たりともなかったのに、

何かが変だ……と思いました。

 

G.W明け、息子の定期検査の為に病院へと行き

その後市の施設へと行く為にある道を南下していました。

その時、元夫の車が対向車線を走ってくるのに気づきました。

 

助手席に女性が乗っていました。

 

すれ違った時、元夫もこちらを見ました。

すぐに私の携帯に電話がかかってきました。

「仕事関係の人だから」と。

 

 

バカじゃない……見え透いたウソ、つかないでよ!

仕事用の車じゃないし、こんな時間(10時頃)に何しているのさ!

 

 

 

いろいろとあったけど、もうダメかな……と思いました。

 

 

もう、無理だ……と。

 

 

 

 

 

最初の結婚14~調停取り下げと勘当(1997年10月~)

再び会う事になった元夫と私。

何度も何度も逢瀬を重ねていきました。

 

そして、3回目の調停では取り下げの手続きをしました。

 

 

とうとう両親に元夫に会っている事が知られました。

 

母は激怒し「この家から出ていけ!!」と叫びました。

あんなに怒った母を見たのは、後にも先にもこの時だけです。

 

私は荷物をまとめて息子を連れて実家を出ました。

そして、元夫の実家に2週間ほどお世話になり

再び親子3人での生活がスタートしました。

 

私は実家に帰る事ができませんでした。

元夫がそれを許しませんでした。

 

絶対に許してくれませんでした。

 

私も実家に帰れない事は分かっていました。

 

 

 

 

 

何を目指しているの?

同じく筋トレをやっている男性と飲みに行った時の事です。

私が何種類ものマシンを使って筋トレを頑張っているのを知っている彼は

「何を目指しているの?ボディビルダーになりたいわけじゃないでしょ?」と。

「いや、ボディビルダーを目指しているわけじゃないよ」と私。

さすがに10種類以上のマシンでやっていると、彼も不思議に思うそうです。

そして、服の上からでも肩の筋肉がしっかりと付いている事も分かるみたいです。

「ジムに来ている女性で、たくさん筋トレやっている人っている?」

……(^-^;あまり見た事がありません。

みんな数種類やって、有酸素運動をやっています。

私は筋トレに1時間ぐらいかけ、有酸素運動は10~15分ぐらいです。

私が特殊なのかなぁ~……。

筋トレをする事で自分を変えようとしているのは確かです。
前に進む為に。

ムキムキマッチョは、目指していません。
これだけは確実に言えます。

もう少しすれば、分かるかな。

最初の結婚13~就職、調停そして……(1997年7月~9月)

実家の新聞の折り込みチラシの中にあった求人チラシ。

興味を持ったし、今までの自分の経験が生かせるかもしれないと

求人に応募しました。

 

そして、パートでしたが採用され、仕事を始めました。

それが1997年7月でした。

働き出してからしばらくすると

第一回目の離婚調停がありました。

 

それぞれ別々に呼ばれて、話をして

最後に一緒の部屋で話をする……流れだったような気がします。

(あまり覚えていないんです)

 

元夫とは会話を交わす事もありませんでした。

 

 

 

 

三回目の離婚調停の前でした。

何の用だったか覚えていませんが、私は車で出かけました。

途中、渋滞で止まってしまいました。

 

渋滞で止まっていた私の車の少し開いていた窓から

「これ読んでおいて!」という言葉と共に

紙片が投げ込まれました。

ぎょっとして見ると、後方へ走っていく元夫の姿が……!

どうやら私の車の数台後ろに元夫が運転するトラックがいて

たまたま私が実家から出てきたのを見たらしいのです。

 

紙片には、携帯電話番号が書かれていました。

 

 

その日の夜、私は元夫の携帯に電話をしました。

 

 

 

 

 

マッサージをしてもらったら、揉み返し……

知人男性は理学療法士でした。

「でした」というのは、10年前まで理学療法士として
働いていたのですが、ある事情により辞めてしまったのです。

今は全く関係ない仕事をしています。

どうやら私が不眠じゃないのかと思った彼は

まず私の首筋を触り、耳を調べ、
左右の手や腕をグイグイと圧し始めました。

痛いです……(^-^; 

この時ばかりは真剣な表情でマッサージをしてくれました。
理学療法士としてのアドバイスを交えながら。

彼は自分の事を「2流の理学療法士」と言っていましたが
私からすれば、プロの顔です。

「もしかすると、明日以降、揉み返しがあるかもしれないね」と言われました。

次の日、モロに来ました。揉み返しが……。

メールをしてみたところ

「今回触った所は相当使い過ぎている感じでした。
あなた自身が気付かなかったサインが、出てきたのかもしれません」

というメールがきました。

確かに、以前も「疲れを無視しています」と足ツボを触った方に言われた事があります。

彼らはどうやって疲れているとかそういう事が、分かるのだろうか?

そんな状態でもジムには行ってきました。
手首を使うマシントレーニングはやめておきました。

早く治るといいなぁ~~~

そういえば、そうだね

知人男性と話をしていた時です。

中性脂肪値が下がりすぎてC判定になったと言いました。

今までも一年間納豆とfish oilを摂り続けるという実験をしたけど
やっぱり運動もプラスすると劇的に変化するよ、
今回下がり過ぎちゃったから、上げないとね~と言ったところ

「fish oilを飲んでたら、上がらないんじゃないの?」と。

……(^-^;

そうだよ、なんで飲み続けているんだろう、fish oil と思いました。

もともと中性脂肪値を下げる目的で飲んでいたのを忘れていました。

最初の結婚12~興信所の捜査の結果と家庭裁判所での調停(1997年7月)

元夫に

「今週の土曜日は息子を連れてちょっと実家に泊まりに行くね」と告げました。

 

興信所の調査スタートは土曜日に決まりました。

 

私たちが泊まりに行けば、きっと元夫は動く。

そう考えたのです。

 

そして、実家に泊まった翌日の日曜日、興信所から電話がありました。

 

クロだった……と。

 

 

私が予想した通り、女性のいる家へ泊まったそうです。

この女性、シングルマザーでした。

 

涙が止まりませんでした。

 

 

 

家庭裁判所での離婚調停の手続きをしました。

私と息子は実家に帰る事にしました。

どのような経緯を辿ったかは、あまり覚えていませんが

 

荷物を取りにアパートに戻った時、

 

カッターナイフでズダズダにされた結婚式のアルバムと

出ていった時に置いていった結婚指輪が

無残に折り曲げられて放置されていました。

 

恐らく、指で折り曲げたのでしょう。

 

 

元夫の事がとっても怖かったです。

 

 

後日送られてきた興信所の資料には

事細かく書かれた内容と、たくさんの写真が……。

 

とにかく、悲しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉のお話3.筋の運動のしくみ

・骨格筋の微細構造

筋線維は筋原線維が多数そろって並んだ集まりである。
筋原線維は収縮タンパクからなる
アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが互い違いに
並んだ集まりにより構成されている。
筋繊維、つまり筋細胞は細長い細胞で、多数の核を持つ。
細胞内では滑面小胞体が発達し、筋小胞体という。

・筋線維のメカニズム

身体を動かす、つまり運動するのは、
筋が収縮したり弛緩したりすることで可能となる。
そのメカニズムを解説する。

1.脳が身体を動かす為に指令を発すると、
神経を通って該当部分の筋肉の細胞(筋小胞体)に伝えらえる事で、
カルシウムイオンが放出される。

2.筋原線維には細いアクチンフィラメントと
それよりも太いミオシンフィラメントとが
交互に並んでいるが、放出されたカルシウムによって
アクチンフィラメントがミオチンフィラメントと接触し、
ATP(アデノシン三リン酸)を分解してエネルギーを放出する。

3.エネルギーによって細いアクチンフィラメントが
太いミオシンフィラメントに引きずり込まれ、
筋収縮が起きる。
これをフィラメント滑走説とよぶ。

4.神経からの刺激がなくなると、
筋収縮のシグナルであるカルシウムが
筋小胞体に吸収され、筋肉が弛緩する。
つまり、カルシウムは収縮と弛緩を制御する役割をもつ。

・筋線維のタイプ
筋は筋線維の束で作られているが、
その性質によって大きく3つのタイプがあり、
この分類にもATPを得る方法が関係している。

1.I型線維(赤筋・遅筋)
好気的代謝が活発で、収縮は遅い。
ミオグロビン・ミトコンドリアを含み赤く見える。
SO線維ともよばれる。

2.IIa線維(中間筋・速筋)
I型線維とII型線維の中間の性質を有し、収縮は速い。
ミオグロビン量は多くピンク色に見える。
FOG線維ともよばれる。

3.IIb型線維(白筋・速筋)
嫌気的代謝が活発で、収縮は速い。
ミオグロビンが少なく白く見える。
FG線維ともよばれる。

筋線維のタイプのわかりやすい例として、
広い海域を回遊するために持久力に優れた
マグロやカツオは赤身(I型)であり、
から身を守るために瞬発力に優れたタイやヒラメは
白身(II型)であることである。


筋背には筋の構造の最小単位である。筋源線維の集まりで筋源線維は
「アクチンフィラメント」と「ミオシンフィラメント」という
2種類の収縮蛋白の集まりである。

2種のフィラメント(ミオシンフィラメントおよびアクチンフィラメント)の
各々の長さは一定であるが、太いミオシンフィラメントの間に
細いアクチンフィラメントがすべり込むことによって、
筋節の長さが短くなり、筋源線維の収縮(筋の運動)が起こる。
これをフィラメント滑走説という。